高分子材料−タイトル
概要
高分子−パワーポイント

 資源・環境問題に対応する技術革新において、材料開発は重要な位置を占める。中でも、軽量化に寄与でき、成形・加工が容易で、金属やセラミックスに代替できる性能を持ち合わせるポリマー材料に対する期待は大きい。

 ポリマーの材料特性は、ポリマー鎖1本の構造制御(一次構造制御)だけでなく、ポリマー鎖の凝集形態の制御(高次構造制御)によって大きく異なる。一次構造制御には、分子構造、分子量、分子量分布、モノマー連鎖、末端基構造、立体規則性等があり、各種ポリマーに応じた制御方法で作りわけがされる。一方、高次構造制御には加工プロセスが大きく関わってくる。分子鎖の配向制御、ポリマーアロイにおける相構造の制御など、多くの構造制御が加工プロセスでなされている。さらに、近年、マイクロ波照射や超臨界流体処理など、簡便でありながら有用な新しい加工プロセスも開発され、新規材料の創製にさらなる可能性を与えている。

 一方、ポリマー材料の高性能化、新機能の発現へのアプローチにおいて、ポリマーとポリマーとのアロイ化・複合化だけでなく、ポリマーと金属、ポリマーとセラミックスなどの複合化がカギとなる。ポリマー、金属、セラミックスの三大材料はそれぞれ固有の特徴を有しており、単一の材料では発現できない機能、性能を複合化で発現できる可能性がある。

 ポリマー関連グループでは、加工プロセスによる高次構造制御を基盤としたポリマー材料の高性能・高機能化ならびに新規なポリマーやポリマーアロイ材料の創製を図る場としたい。


他分野(サブグループ)との連携に期待すること

 ポリマー材料の高性能化・新機能の発現に、金属やセラミックスとの複合化が大きな役割を果たす。ヘテロ材料間の界面制御が重要な要素技術となり、三大材料である金属、セラミックス、ポリマーの特性を理解することは必須である。それぞれのサブグループの抱える課題や技術開発の方向性には共通性も高い。他のサブグループとの連携は不可欠であり、意見交換を密にできるような場を共有したい。



メニューが表示されない場合はココをクリックして下さい.